ドック・オブ・ザ・ベイ

The cover art for “Dock of the Bay”(label:Volt Atco V-157)

オーティス・レディング (Otis Redding)

(Sittin’ On) The Dock Of The Bay

1967年の12月6日と 12月7日 に、この曲をメンフィスでレコーディングしたオーティス・レディングは、その3日後、飛行機事故で亡くなった。

翌1968年に発売されたこの曲は4週間にわたりビルボードHot100の第1位を獲得し、オーティス・レディング最後にして最大のヒット曲になった。

Written By: Steve Cropper /Otis Redding

Hot 100 チャート成績

  • 初出 1968/1/27 67位
  • ランクイン週数 16
  • トップ週数 4
年月日順位1位(2位)曲目,演奏者
1968-01-2767Judy In Disguise (With Glasses)/ John Fred And The Playboys
1968-02-0347Green Tambourine/ The Lemon Pipers
1968-02-1028Love Is Blue (L’amour Est Bleu)/ Paul Mauriat And His Orchestra
1968-02-176Love Is Blue (L’amour Est Bleu)/ Paul Mauriat And His Orchestra
1968-02-245Love Is Blue (L’amour Est Bleu)/ Paul Mauriat And His Orchestra
1968-03-023Love Is Blue (L’amour Est Bleu)/ Paul Mauriat And His Orchestra
1968-03-093Love Is Blue (L’amour Est Bleu)/ Paul Mauriat And His Orchestra
1968-03-161(Theme From) Valley Of The Dolls/ Dionne Warwick
1968-03-231Love Is Blue (L’amour Est Bleu)/ Paul Mauriat And His Orchestra
1968-03-301Love Is Blue (L’amour Est Bleu)/ Paul Mauriat And His Orchestra
1968-04-061Young Girl/ The Union Gap Featuring Gary Puckett
1968-04-133Honey/ Bobby Goldsboro
1968-04-206Honey/ Bobby Goldsboro
1968-04-277Honey/ Bobby Goldsboro
1968-05-0419Honey/ Bobby Goldsboro
1968-05-1135Honey/ Bobby Goldsboro

日本国内での成績

邦題「ドック・オヴ・ベイ」(初出時)は、文化放送「今週のベストテン」1968年8月25日に最高位の第3位を記録している。

当時の日本ではブラックミュージックはジャンルとしてはマイナーで、ブルースシーンではローリングストーンズ、クリーム、ポール・バターフィールドなどの いわゆる ホワイト・ブルースは相当の人気があったが、純粋な黒人のR&Bは一部の熱狂的なファンのものであった。

オーティス・ファンで有名な忌野清志郎は1951年生まれで、17歳の春にこの曲と出会ったことが、その後の彼の音楽性を決定したことは有名である。

関連記事

ピックアップ記事

2019-5-10

夏の日の恋

ページ上部へ戻る