ヘイ・ポーラ

The cover art for “Hey Paula”(label:Philips BF 304 012)

ポールとポーラ(Paul and Paula)

Hey Paula

1963年の2月9日から3週間Billboard Hot 100の第1位を占めたのは、ポールとポーラが歌ったデュエット曲”Hey Paula”だった。 クリアな歌声とポールがポーラに 「ヘイ・ポーラ」と 呼びかけるという設定がこの曲のインパクトの源泉。最初は”Ray & Jill”(本名)というグループ名であったが、曲に合わせて”Paul & Paula”に改名したとのこと。

Written By: Ray Hildebrand

Hot 100 チャート成績

  • 初出 1962/12/29 96位
  • ランクイン週数 15
  • トップ週数 3
年月日 順位 1位(2位)曲目,演奏者
1962/12/29 96位 Telstar,The Tornadoes
1963/01/05 53位 Telstar,The Tornadoes
1963/01/12 30位 Go Away Little Girl,Steve Lawrence
1963/01/19 10位 Go Away Little Girl,Steve Lawrence
1963/01/26 2位 Walk Right In,The Rooftop Singers
1963/02/02 2位 Walk Right In,The Rooftop Singers
1963/02/09 1位 Walk Right In,The Rooftop Singers
1963/02/16 1位 Walk Right In,The Rooftop Singers
1963/02/23 1位 Ruby Baby,Dion
1963/03/02 3位 Walk Like A Man,The 4 Seasons
1963/03/09 4位 Walk Like A Man,The 4 Seasons
1963/03/16 7位 Walk Like A Man,The 4 Seasons
1963/03/23 14位 Our Day Will Come,Ruby And The Romantics
1963/03/30 29位 He’s So Fine,The Chiffons
1963/04/06 50位 He’s So Fine,The Chiffons

日本での成績

オリジナル版は、1963年4月集計のレコード売り上げ(ミュージックライフ誌調査)に第2位で初登場している。ちなみに、1位はクリフリチャードの「ヤング・ワン」。

翌月も2位で6月から8月までの3か月間1位をキープした。このころの日米の時間差は4か月くらいであった。

文化放送の「9500万人のポピュラーリクエスト」では1963年7月28日に1位を獲得している。この時の2位はカスケーズの「悲しき雨音」だった。

日本語カバー版

日本でもオリジナル版の発売に1か月遅れでパラダイスキングがカバー版を発売し、5月の国内版シングルチャートでは第7位に登場し、翌月4位に上がったが、田辺康雄と梓みちよのカバー版が7月に登場し、第2位を獲得したこともあり、以後ランキングから消えた。

田辺康雄・梓みちよ版は7月に第2位(1位はザピーナッツの「恋のバカンス」)、翌月には1位となり、9月まで2か月間1位を確保した。

関連記事

ピックアップ記事

2019-5-10

夏の日の恋

ページ上部へ戻る