ナナ・ヘイヘイ・キス・ヒム・グッバイ

The cover art for “Na Na Hey Hey Kiss Him Goodbye”(label:Fontana F 1667)

スチーム(Steam)

Na Na Hey Hey Kiss Him Goodbye

60年代の掉尾を飾ったのはシュープリームスの「またいつの日にか」だったが、1969年12月に2週にわたってBillboardHot100の第1位を獲得したのは一度聴いたら忘れられない即席感あふれる不思議なフレーズが特徴のスティームの「ナナ・ヘイヘイ・キス・ヒム・グッバイ」だった。

スティームは、1968年のHot100のNo.1ヒット”Green Tambourine”の作曲者 ポール・ルカ(Paul Leka)がゲイリー・デカルロ(Gary DeCarlo)とデール・フラッシュア(Dale Frashuer) とともに、その場限りのバンド名として名付けたものである。

その経緯は、シングル盤のB面の穴埋め用に曲が必要になり、急遽レコーディングすることになったためという。彼らが、昔に作った曲”Kiss Him Goodbye”をアレンジして、ワンテイクで録音したものが本曲だった。

Written by Paul Leka, Gary DeCarlo and Dale Frashuer

Hot 100 チャート成績

  • 初出:1969年10月16日
  • ランクイン週数:16週
  • トップ週数:2週

年月日 順位 1位(2位)曲目,演奏者
1969-10-18 76 I Can’t Get Next To You/ The Temptations
1969-10-25 52 I Can’t Get Next To You/ The Temptations
1969-11-01 45 Suspicious Minds/ Elvis Presley
1969-11-08 22 Wedding Bell Blues/ The 5th Dimension
1969-11-15 11 Wedding Bell Blues / The 5th Dimension
1969-11-22 6 Wedding Bell Blues/ The 5th Dimension
1969-11-29 5 Come Together/Something / The Beatles
1969-12-06 1 Leaving On A Jet Plane/ Peter, Paul & Mary
1969-12-13 1 Leaving On A Jet Plane/ Peter, Paul & Mary
1969-12-20 4 Leaving On A Jet Plane/ Peter, Paul & Mary
1969-12-27 5 Someday We’ll Be Together/ Diana Ross & The Supremes
1970-01-03 5 Raindrops Keep Fallin’ On My Head/ B.J. Thomas
1970-01-10 8 Raindrops Keep Fallin’ On My Head/ B.J. Thomas
1970-01-17 17 Raindrops Keep Fallin’ On My Head/ B.J. Thomas
1970-01-24 18 Raindrops Keep Fallin’ On My Head/ B.J. Thomas
1970-01-31 24 I Want You Back/ Jackson 5

日本国内での成績

日本国内では、1970年の年頭から人気が出始め、文化放送の「オールジャパンポップ20」では、2月17日に第2位を記録している。米国では多くのカバーバージョンが出ているが、日本でカバーしたアーティストは公式にはいない。日本人には歌いにくい曲のせいもあるが、70年代になると米国のヒット曲をカバーするという行為自体が稀になってきたということなのかもしれない。

関連記事

ピックアップ記事

2019-5-10

夏の日の恋

ページ上部へ戻る